ロックと江戸時代をこよなく愛するフリーのプロデューサー、ライター“EdoJoe”のブログです。「江戸時代に撮られた古い写真と現代写真の定点撮影」「大好きな時代劇のあら探し」など江戸時代に関わる記事を書いています。
 
<< ついにでた、記録更新、御年二百歳 | main | 吉宗評判記 33話 天下御免の大名しるこ >>
ちょっと悲しい愛宕神社
0
    JUGEMテーマ:江戸時代

    愛宕神社からの景観


    ほぼ同じ場所から撮りましたが、今はこんもりとした木で覆われているので視界が望めません。

    その先は、更に望めません。ビルが塞いでいます。

    同じ感動を味わうためには東京タワーに上るしかないですね。

    江戸時代この場所は、江戸を見渡せる絶景ポイント、月見の名所だったと言われています。



    そして、男坂です。立木で同じ場所から撮ると何も写らないので、ちょっと近寄りました。


    男坂


    これって石の積み方が江戸時代っぽくないですか?




    境内にある池中に明治時代の地図に残る三角点があるという話題をタモリ倶楽部でやってましたが、流石に見つかりません。
    【2010.08.31 Tuesday 19:59】 author :
    | 江戸今昔〜古写真で歩く | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://edojoe.kijitora.net/trackback/10
    トラックバック