ロックと江戸時代をこよなく愛するフリーのプロデューサー、ライター“EdoJoe”のブログです。「江戸時代に撮られた古い写真と現代写真の定点撮影」「大好きな時代劇のあら探し」など江戸時代に関わる記事を書いています。
 
<< 御家人斬九郎 | main |
江戸から東京を眺める
0
    旧暦平成二十四年四月二日

     東京新名所スカイツリー、金環食狂想曲の翌日に迎えた待望のオープンだが、あいにくのお天気である。雨が降ると上半分はもやの中だ。まっすぐ伸びた塔が白い闇に消えていく姿はじつに壮観で、全貌が見渡せる時以上に高さを感じさせる。タワー故に細く圧迫感こそないが、もしこれが634メートルの山がそびえていると想像すると、この高さは尋常ではない。第一展望台ですら350メートル、東京タワーの全長よりも高い。「天望回廊」は450メートル関東平野が見渡せるという。



     高いところからの景色を楽しみたいと思うのは、東京に住む現代人も江戸の庶民も同じで、ほとんど真っ平らな江戸の町にもいくつか眺望の名所がしられている。出世の石段で知られる江戸の最高地愛宕山、建造物で言えば四方が見渡せたと言われる大川にかかる永代橋。そして山谷堀が大川に交わるところに待乳山聖天がある。




    眺め見渡す隅田川 月に風情を待乳山、帆上げた船が見ゆるぞえ




    と端唄(端唄「夕暮れ」)にも歌われている江戸の名所である。




     江戸時代には隅田川が見渡せたと言うが、今となっては小高いとも言いがたい。隣接した2階建ての建物で遮られるほどで、丘と言われてもほとんど見落としがちである。





     スカイツリーの展望台に上るための最高倍率はなんと335倍。そもそも試みもしなかったが、たとえ応募していてもプラチナチケットを手に入れるのは望み薄である。江戸の景勝地から東京の新名所を眺めて見ることにした。隅田川も“帆あげた船”視界に入らず、ひたすら現代版バベルの塔の巨大さばかりが目立つ江戸の名勝であった。JUGEMテーマ:江戸時代


    【2012.05.22 Tuesday 23:28】 author : Edo Joe
    | 旧暦日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://edojoe.kijitora.net/trackback/33
    トラックバック