ロックと江戸時代をこよなく愛するフリーのプロデューサー、ライター“EdoJoe”のブログです。「江戸時代に撮られた古い写真と現代写真の定点撮影」「大好きな時代劇のあら探し」など江戸時代に関わる記事を書いています。
 
江戸から東京を眺める
0
    旧暦平成二十四年四月二日

     東京新名所スカイツリー、金環食狂想曲の翌日に迎えた待望のオープンだが、あいにくのお天気である。雨が降ると上半分はもやの中だ。まっすぐ伸びた塔が白い闇に消えていく姿はじつに壮観で、全貌が見渡せる時以上に高さを感じさせる。タワー故に細く圧迫感こそないが、もしこれが634メートルの山がそびえていると想像すると、この高さは尋常ではない。第一展望台ですら350メートル、東京タワーの全長よりも高い。「天望回廊」は450メートル関東平野が見渡せるという。



     高いところからの景色を楽しみたいと思うのは、東京に住む現代人も江戸の庶民も同じで、ほとんど真っ平らな江戸の町にもいくつか眺望の名所がしられている。出世の石段で知られる江戸の最高地愛宕山、建造物で言えば四方が見渡せたと言われる大川にかかる永代橋。そして山谷堀が大川に交わるところに待乳山聖天がある。




    眺め見渡す隅田川 月に風情を待乳山、帆上げた船が見ゆるぞえ




    と端唄(端唄「夕暮れ」)にも歌われている江戸の名所である。




     江戸時代には隅田川が見渡せたと言うが、今となっては小高いとも言いがたい。隣接した2階建ての建物で遮られるほどで、丘と言われてもほとんど見落としがちである。





     スカイツリーの展望台に上るための最高倍率はなんと335倍。そもそも試みもしなかったが、たとえ応募していてもプラチナチケットを手に入れるのは望み薄である。江戸の景勝地から東京の新名所を眺めて見ることにした。隅田川も“帆あげた船”視界に入らず、ひたすら現代版バベルの塔の巨大さばかりが目立つ江戸の名勝であった。JUGEMテーマ:江戸時代


    【2012.05.22 Tuesday 23:28】 author : Edo Joe
    | 旧暦日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    江戸の春です
    0
      JUGEMテーマ:江戸時代


      新春です。

      新年あけましておめでとうございます。

      言葉通りの暖かい日になりました。

      お天道様にむかってパンパンと手を合わす音があちこちの家から聞こえるような気がしてきます。


      一夜明けての元日ぶりは福寿草さえ咲かない今日とはちがって、寒いとはいいながらも、大陰暦のお正月だけに、 早梅は香り高く咲いておりました。屠蘇機嫌の恵方参り、産土神(うぶすながみ)参りといううちにも、恵方参りはだんだんと足長になりまして,半日掛り、一日掛りといった案配に成り行く。従って誘い合って一群をなし、洒落のめしに押し出すようにもなり、群産目当てに、辺鄙な所に茶屋小屋も殖えるありさま、田舎とはいえ、名高い料理も出てきました。それもそのはず、芸者を連れ、取り巻きを率いた旦那株が、駕籠をお供にホロ酔いの顔を野風に吹かせて、いい心持ちのブラーリブラーリが珍しくなかったのです。(江戸の春秋〜三田村鳶魚/中公文庫より引用)


      一見のどかにも見えますが、なかなか賑やかそうにも思えます。

      寒さの峠を越えると春、暑さの峠を越えると秋,俳句の季語もそうなっています。

      日本の気候にはこちらのほうがわかりやすい気がします。
      【2011.02.03 Thursday 09:01】 author :
      | 旧暦日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      旧暦8月15日
      0
         明日は満月です。実際旧暦の15日が必ず満月と言う事がはないのですね。つまり暦のできが悪い。

        毎月は大体13日から17日の間に来ます。

         ちなみに明日の月の出は夕方、沈むのは明け方。この時期は月の出が長いので月見には最高です。

        江戸の月見の名所は色々あったようですが、愛宕山、九段坂の上、東が望めて高いところのようですねね。

        このまま行くと最高に良い月見ができそうです。



         それにしても暑い。旧暦では4月から6月が夏、7月から9月が秋です。つまり今の夏の感覚とは随分違い、熱さのピークが夏の終わり、秋の始まり、寒さのピークが冬の終わり、春の始まりと考えるとしっくりきます。

        その感覚を現代人が身につけるのがちょっと手間だと思うんですね。


        時代劇作家は苦労しますね。

        読者は現代人ですからね。

         
         
        【2010.09.22 Wednesday 16:42】 author :
        | 旧暦日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |